LOG IN

いつまでも、日本人の味方

by くのたん

日本人は働きすぎだと、国内外から言われて久しい。

確かに働きすぎという一面もあるのかもしれない。

でもこの働きすぎるぐらい、働いてきたからこそ、今の日本の繁栄はある。

現代の日本人は、戦後の日本人が、血のにじむような努力をしてきて作られた世界の上に生きている。

海外の人が、日本人は働きすぎだと批判するのは勝手だけど、

私達日本人が、そこを批判することはどうなのだろうか。

せめて日本人だけでも、「働きすぎたことは、悪い事ばかりではなかった」と思うべきではないかと感じる。

確かに今、ブラック企業なんかも問題になっていて、難しいところではある。

思うに働きすぎが問題というよりは、働いてもそれに見合った対価が払われない、ということが一番の問題な気がする。

今回はこのブラックな問題はちょっと置いておいて、別な視点で見てみたい。

何かを開発したり、技術革新を成し遂げることは、中途半端なことでは出来ないことの様に思う。

最近は仕事と子育てを両立して働くことも多い。それも悪くないけど、両立しながら超えられる壁は、さほど高くはないだろう。やはりどちらか一つに集中できる環境があるからこそ、超えられる壁もあると思う。

戦後の日本人は、あくまでも「男は仕事、女は子育て」とはっきりと分かれていることが多かった。

こうやってはっきりと自分の持ち場を分け、互いやるべきことに集中できたから、超えられない壁を越えることが出来、その結果今の日本の繁栄はあると思う。

男が外へ出て、仕事に専念している間、女は家事と子育てをしながら、男を支え続けた。確かにこの状況は、女性にとっては抑圧的という部分もあったかもしれない。

でもこのことは、決して無駄では無かった。

ワークライフバランス、なんて言葉も最近はあって、別に悪いとは思わないけど、今までの日本人のやり方を「古い」の一言で否定する必要もないと感じている。

どんなやり方をしても、必ずメリット、デメリットが出る。

だから、日本でワークライフバランスとやらが本格的に浸透してきた頃に、おそらく仕事を子育てを両立する上で生じる良いこと、悪いこと、というのが、はっきりするだろう。

とりあえず私は、最後まで日本人の味方で居たい。

だから私は、日本人がしてきたことを全否定することはしたくない。

今も昔も、そしてこれからも。

OTHER SNAPS