LOG IN

自己中にならないって難しい

by くのたん

先日、キリスト教の宣教師が、原住民に布教しようとして殺されるという事件があったとテレビで見た。

キリスト教は世界で

正直私には、キリスト教の強引な信者集めにしか見えないのだけど、やっている宣教師本人は、本心から良かれと思ってやっているのかもしれない。

「自分にとって良いことは、誰にとっても良いこと」「自分が正しいと思うことは、誰にとっても正しいこと」と正直私には、キリスト教の強引な信者集めにしか見えないのだけど、やっている宣教師本人は、本心から良かれと思ってやっているのかもしれない。

例えば誰かにやってもらってうれしかったこと、感謝した経験というのは、誰にだってあるだろう。

そこまでは別にいいのだけど、その後「自分がやってもらってうれしかったことは、他の人もうれしいことだ」と考えると、完全に行き過ぎとなる。

自分がやってもらってうれしかったからといって、誰にとってもうれしいとは限らない。

例えば私は女だけど、男性からレディーファーストをされることが苦手である。つまりすべての女が、レディーファーストを喜ぶということではないということである。

今回の宣教師も、原住民にとっては、おそらく迷惑でしかなかったのだろう。殺すのはやり過ぎたかもしれないが、原住民には原住民なりの生き方や、考え方があって、それを変えようとわざわざ乗り込む必要などなかった。

全ての人に感謝される行為なんてないし、すべての人が共感する考えもない。そこをまず踏まえた上で、その人に何をしてあげるべきなのか、ということを考えるべきなんだろうと思った。

OTHER SNAPS