LOG IN

いろいろな人達

by くのたん

この世界で生きるほとんどの人は、集団の一部として生活し、時代の流れや、流行などに影響されながら生きている。

この人達は、多少の収入の差や、学歴の差はあれど、本質的には平等で、社会をより良くるために生きている。

このような人達以外にも、いろいろな人がいる。まずは集団の一部にならず、集団をコントロールしてみたいと思っている人達だ。こういう人は会社経営者やメディア関係者の人に多いと思う。

この人達が集団の中で生きている人と違うのは、ヒエラルキーがあるということだと思う。

例えばアイドルの女の子がいるとする。この子も集団をコントロールしたい、と願っている子なのだけど、この子の背後には、プロデューサーの人がいて、この子をコントロールしている。

でもプロデューサーもまた、事務所の社長にコントロールされており、このようにして、どんどん「コントロールしたい人達」が階級を作っている。会社の社長もコントロールしたい人だけど、法律を決める政治家にコントロールされ、政治家もまた、王族にコントロールされたりする。

そしてこの二つのどちらの集団にも属さない人もいる。それは「観察していたい人」で、集団に混ざっている人と、それをコントロールしたい人たちを、外から眺めて観察するのが好きな人達だ。

こういう人は高確率で社会運が無い。というか本人が求めていない。こういう人は一見「人生楽しいのかな?」と思えるような、負け組っぽく見えることが多いのだけど、観察者の人は価値観が違うので、社会に照らしたところで意味がない。

多分私は、観察者タイプなんだろうけど、多少社会運も欲しいと思っている人だ。

生活に困らないぐらいの、緊急事態の時でも、すぐにまとまったお金が出せるぐらいは蓄えも欲しい。

そういう中途半端なことは、果たして可能だろうかと思うのだけど、人をコントロールすることも、されることも嫌いな私には、これ以外の道はない気がする。こうやって見ると、自分の生き方がまだきちんと決まってないのかな、という感じもして、良い年こいて何やっているだろうという気になってくる。

自分の理想と現実の違いに悩まされることは、誰でもあるだろうけど、私も時には、理想と現実の違いに悩まされるのである。

OTHER SNAPS