LOG IN

自分の時間を取り戻す

by くのたん

明治維新に関しては、いろいろな見方がある。私にとって明治維新とは、「日本史史上最悪の出来事」である。

最近は、明治維新を批判的に見た本も多く出版されており、以前のように、明治維新を賛美するような本ばかりでは無くなってきたことは、良いことだと思っている。

明治維新の時には、様々な改悪が行われたが、特に最悪だったのは、「改暦」だったと思う。

この瞬間、日本の時間は、キリストの時間となってしまった。

私が思うに、日本の敗戦は、この改暦で決まったようなものだったと思う。

日本が、西暦のタイミングで、西洋と戦って勝てるはずがない。自分のタイミングを失った民族に、未来などないのだ。

改暦のせいで、日本の伝統行事はすべて、時期がずれてしまい、何の意味もなさなくなった。

自分のタイミングで、物事を進められなくなったことで、すべてが狂い始めた。

なんでもタイミングは重要だ。物を売り出すタイミング、記事をアップするタイミング。これが少しでも狂うと、上手くいかなかったりする。

あの時、好きな人に告白していたら、どうなっていただろう?とか、あの電車に乗っていたら、事故に巻き込まれていた、とか、タイミングのズレが、個人の人生にも、大きな影響を及ぼしていく。

日本人が、西洋のタイミングで、生活していることは、現代日本人最大の悲劇だ。なぜなら、西暦を使い続ける限り、西洋に追随するような生き方しか、出来ないからだ。西暦は、日本人のタイミングではない。というか、東洋のタイミングではない。

中国では、まだ結構旧暦が残っているらしく、旧正月なども祝うらしいが、本当に素晴らしいことだ。西洋とタイミングを合わせていないから、中国は、西洋と対峙出来ている(ように見える)ともいえる。

日本と違って、西洋が相手でも、堂々としている(ように見える)のは、自分のタイミングを失っていないからだ。

日本も本当は、旧暦で祝えると良いのだけど。桃の節句も、端午の節句も、七五三も。

タイミングを合わせて行うことで、本来の価値が出る。今は、伝統行事も、ただの真似事と化している。

かつて日本人が感じていた時間を取り戻すことで、本当の意味で、自分の時間を取り戻せるのだろうなと感じている。

OTHER SNAPS