LOG IN

生まれ変わる地球、生まれ変わる世界、生まれ変わる私達

by くのたん

異常気象と言われて久しいが、2018年に起こった珍しい気象で目を引いたものを書き出してみる。

1月6日、南米エクアドルで雹が降り氷で覆われる
1月14日、ロシア、ヤクーツクで-62度
6月28日、南極で-97.8度(人類が地球に住み始めてから最低気温?)
7月上旬、南アフリカで100年ぶりの雪
7月9日、北アフリカアルジェリアで51.3度(アルジェリアと言えば2017年に史上最大の積雪を記録)
7月14日、ロシア北部で「血の雨」が降り町中が真っ赤になる

こうやって少し抜粋しただけでなんだか大変なことになっているのがわかる。
ちなみに南極の-97.8度は深呼吸したら死ぬ可能性がある気温らしい。アルジェリアはサハラ砂漠のあたりにある国なので高温も凄いが積雪の方が珍しいかもしれない。

やはり異常気象なのか・・とも思うけど、もしかしたらいろんな意味で「生まれ変わり」が起こっているのかもしれない。

地球は「新しい地球」になろうとし、それに呼応するように世界も、私たちも生まれ変わろうとしている。
この地球環境の変化で絶滅してしまう動物もいるらしいけど、こうしている間にも新しい生物が誕生しているのかもしれない。絶滅は悲しいことだけど、ただ地球の生態系が変化している中で、生物もまた変わろうとしているだけなのかもしれない、と思う。

絶滅は人間の乱獲のせいとか、人間の活動による環境破壊のせいとかいろいろ言われるけど、人間ってそこまで地球に影響力あるのかな?地球にとっては人間なんて「赤ちゃん」みたいなものじゃないのか?なんて考えてみたりする。


私は最近の「地球環境問題」というのは「世界規模の自虐史観」のように感じている。
とにかく地球がこうなったのは人間のせい、反省しろ、地球の為に尽くせ、みたいな。

私は地球が人間のせいで壊れるような、そんな弱い存在だと思っていない。それに人間が地球を支配しているのではなく、地球が人間を支配している。だから今地球で起こっていることは人間のせいではなく、壊れてきてるのではなく、ただ生まれ変わっているんだと思う。

地球が変われば、世界も変わる、人間も変わる。
日本も変わる。男と女の関係も変わるし、社会も、家族も仕事も変わっていく。

今世界があらゆる方向で変化が起こっているのは、人間の力ではなく、地球の力。
地球環境を守ろう!とか地球防衛軍みたいなことを言う人がいるけど、私たちはずっと地球に守られ、これからもずっと地球に守られて生きていくんだと思う。

忘れてはいけない、人間は地球を支配していない。むしろ私たちが地球に支配され、守られていることを。

地球の生まれ変わりが完了するまではまだ時間がかかりそうだ。完了するまで私たちはいろいろな災害に巻き込まれたりするかもしれないけど、その時は地球と一緒に頑張るしかないのかな、と思っている。

今回はこちらのサイトを参考にして書きました。
https://earthreview.net/






くのたん
OTHER SNAPS