LOG IN

四大元素の詩~火~

by くのたん

火。それは命。中心。
すべての生命の中で燃え続ける魂。
炎を見つめる時、
魂の放つエネルギーを見つめている。
炎はすべて同じに見えて
実は一つとして同じものはない。
炎は見つめる者の魂をそのまま現す。
魂が美しければ美しく、
疲れて居れば疲れた姿となって燃える。
炎ほど、その人の真実の姿を現すものは
ないかもしれない。


くのたん
OTHER SNAPS