LOG IN

消費者から創造者へ

by くのたん

今まで自分は「消費者」だった。
ただ日々の生活のために必要な物を買い、消費し続けた。
その結果、自分が特に求めていなかったものや、好きでもない物で溢れた。

元々好きではないからすぐに飽きたり、買い替えたり、捨てたりして無駄な作業も多くなった。
そうやってどんどん「消費するだけ」の生活になっていった。


でもこれからは「創造者」として生きようと思う。
「自分中心の世界」を作るためには、そばにあるものすべてを、「自分が本当に欲しい物」だけで満たしていかないといけないとわかった。

それは人だけではなくて、食べる物、着る物、使う物の全て。

食べる物は自分の血や肉となり、着る物も使う物もまた、自分の一部となる。
私がお金を払うのは消費するためじゃない。自分の世界を作るための投資だ。自分の世界を一層楽しく、幸せにするためのものなんだ。

これからは消費するために買うんじゃない。創造するために買うんだ。
たくさんの物はいらない。贅沢なものもいらない。
ただ自分の欲しい物だけ、好きな物だけがあればいい。
こうやって思っていれば自然と無駄も減って、もっと簡素になっていくだろう。
身の回りの物が簡素になれば、心の中も簡素になって、自分のことがもっとはっきり見えるだろう。

好きなことをやって生きる、と人は言うけど、これはきっと「好きなものに囲まれる」ことから始まるのかもしれない。


くのたん
OTHER SNAPS