LOG IN

人の縁を支配すれば、世界を支配できる

by くのたん

現実世界を支配している存在がなぜ、人のつながりにこだわるのかわかってきた。
人の縁を自在に操れば都合の良い世界を作れるからだ。

なぜ、宗教が大切にされてきたか。それは人の魂を支配できるから。

支配者は宗教を使って魂を管理し、管理した魂が元々持っていた「人のつながり」を一旦全部バラバラにして個にした。
個にした後、人の繋がりを都合よく書き換えていった。

この魂とこの魂は親子関係、この魂とは兄弟、この魂とは友人・・・すべて宗教が作った霊界でコントロールされ、この世に生み出された。

世間で虐待を始めとする家族間トラブルが絶えない本当の理由はここにある。
本来家族でもなんでもない、つながりも何もない魂同士を無理やりくっつけているからだ。

本来なんの繋がりもない魂であってもうまくやっているならまだましで、そうではないこともかなり多い。
こんな悲劇が起こるのも、支配者が宗教を使って繋がりをコントロールしたからだ。
望まないもの同士が無理やりつながる地獄。

神道では「結び」が重要なのもこれが理由だ。結びを支配すれば運命を変え、世界を支配できる。

この支配者の系譜は現在は王族や貴族、大富豪となってこの世に降り立っている。



くのたん
OTHER SNAPS