LOG IN

可愛いと可愛そうはおなじ

by くのたん

ふと「どうしてスリムな人はかわいく見えるのだろう」と考えた。
モデルはみんな細くてスタイルも良く、同性からも支持される存在だ。
でも正直女が本当に心から女を支持するなんてことがあるだろうか?
いや、絶対ない、そんな風に思って「モデルが支持される理由」を考察してみた。

表面で見ないことは潜在意識にチャンネルを合わせて考えてみるとわかることがある。
潜在意識は表面の意識よりもより本能的というか、原始的な考え方をする。
原始のイメージをまだ残した領域だ。
そんな潜在意識から見てモデルはどう映るのか。

潜在意識はおそらく痩せてる人=餓えている人と解釈する。
つまりモデルを見ると「貧しくて碌に食べることが出来ないかわいそうな人」と映っているのである。
表面的には「かわいい」と感じているが潜在意識では「かわいそう」と感じている。だから同性に支持されるのだと感じた。

モデル体型になりたいと願う人は多いけどほとんどの人はなかなかモデルのようにはなれないのはなぜかというと、モデルを羨ましがる思いはあくまでも表面だけで潜在意識では全く羨ましいと感じていないからだ。
むしろ「ああはなりたくない」と感じている。だからモデル体型になることは難しい。これはあくまでも一般論であって個人差はあるとおもうが。

かわいそうという思いは優越感でもある。いじめに遭って自殺してしまった子の報道を見るとたくさんの人が「かわいそう」「許せない」とネットに書き込んでいる。
かわいそうという思いの裏で人は優越感も感じる。「自分はここまで酷くなくてよかった」「こうはなりたくない」「自分はこの子よりも上だ」そんな風に感じてもいる。

小さい子供を見ると「かわいい」と感じる。これは小さい姿がいかにも弱そうで何も出来なそうなすがたが「かわいそう」だからだ。
自分より劣っている存在は自分の脅威になり得ない。だから安心してかわいいと感じる。

「かわいそう」という漢字は「可哀そう」、と書くが「可愛そう」とも書く。「可愛い」という漢字とそっくりなのは「可愛い」と思うことと「可愛そう」と思うことは本質的に同じだからだろう。かわ可愛いと感じるのは相手に脅威を感じないから。自分の存在を脅かさないから。
応援したくなる人、というのも同じ。自分を脅かす存在ではないから応援できる。

可愛そうな人は可愛いのである。



くのたん
OTHER SNAPS