LOG IN

日本人と日本列島は同期している

by くのたん

先日海外の記事で「人間の自律神経の活動は太陽活動や磁磁気活動に応答し磁場の時間変化と同期することがわかった」という内容の記事を見た。

最近ふと「自然の四季って人間の喜怒哀楽に似ているような気がする」と考えて春夏秋冬の人間の季語哀楽に当てはめてみたりしていたのだけど、この記事を読んで改めて人間と地球は絶えず繋がって思いを一つにししているのだなあと感じた。

日本はよく四季がはっきりしていると言われる。四季がある国はたくさんあるけどその中でも季節の違いがはっきりしていると。
日本人ははっきりしない性格と言われるが日本列島は違う。暑いときは暑い、寒い時は寒い、台風も来るし地震も来るしかなり表情豊かでちょっと大変な土地であると感じる。でもその分自然の恵みも多く、おいしいものがたくさんある。

日本人はいつも感情を抑え、人に合わせることを美徳として生きてきた。本当はもっと自分を出したい!って思っていても出せない人も結構多い。
日本列島はそんな日本人の代わりにいろいろ表現しているのかもしれない、なんて思った。日本人が溜め込んだ感情の全てを日本列島が爆発させている。
先日選挙があったけどその日にちょうど台風がやってきた。これももしかして虐げられている日本人の「とにかく何とかしたい、助けて」みたいな思いを受けて「今の日本人や日本の生き物を苦しめるものをすべて吹き飛ばす」とばかりにやってきたのかもしれない。選挙の日、というのが非常に気になる。

しかもこの台風で皇太子さまが飛行機に乗れなかったというニュースも見た。次期天皇の行く手を阻むとは大した台風である。

日本列島には日本人の先祖の骨も埋まっていてそんな先祖の思いもこの日本列島には息づいている。ただでさえプレートがぶつかる大変な土地でもある日本列島は様々な思いを乗せ毎日何らかの思いを表現しているように感じた。

大昔は雨を降らせたい時は雨乞いをしたようだけどこれって意外と本当にできたことだったのかもしれない。人間は本当は気候を変える力をもっているのかもしれない。
地球と同期しているなら気象改変も可能な気がする。
最近気象兵器なんていうものが存在するらしいけどそんなもの本当はいらないのかもしれない。
そして四季というのはいつから出来たのだろうか?当時列島に住んでいた人の心の変化が四季を生み出したのかもしれない。

おそらく地球と人間は一心同体でそれぞれの大陸の性質はそこに住んでいる人の性質を映し出す。だからその土地や気候を見ればそこに住んでいる人の本心が見えるのかもしれない。
自然はウソをつかない。だからそこに住む人の心も丸裸にする。
そう考えると日本人はやっぱ我慢しすぎかも、そんな我慢が伝わって爆発したくって災害ばっか呼ぶのかもしれない。

今見えている風景は自分のこころを映し出したもの、と聞いたことがあるけどまさに自然がそれだった。災害が多いのは日本人が望むから。自由になりたい思いが災害を呼ぶ。さっきの海外記事を読んでそんなことを思った。
日本人と日本列島は運命共同体だ。いつも一緒に苦楽を共にしてきた同士。日本列島さんこれからもよろしく。



くのたん
OTHER SNAPS