LOG IN

お金は使ったほうが貯まる

by くのたん

最近わかったのだけど、お金というのはある程度使わないと貯まらないものらしい。

お金を使うという行為は「経済を回す」行為であって、
経済を回すことによって経済に「自分はここに居る」ということを示すことになり、経済の集合意識は存在を確認できるものから優先的にお金を割り当てるような仕組みになっているようなのだ。

ただ限度はあると思う。今実際持っているお金があまりにも少なくて困窮していればどうしても節約にならざるを得ないだろうし、経済を回すために無理に無駄使いする必要もないし、情け容赦ないマネーゲームのようなものに参戦する必要もないと思う。どうしても富豪になりたくて仕方がない人は別かもしれないけど。

元々「お金が集まってきやすい血筋」のようなものもおそらくあって、そういう血筋のものに生まれたものはお金に不自由することは滅多にないのだろう。

最近は100円ショップが流行しているけど、こうやって考えると完全に貧乏の元だよなあと思う、
100円じゃ経済を回しているとは言い難い。
むしろ「自分は日本の経済に関わりたくない」と集合意識に宣言しているようなもので、得たものに対する対価としてはやはり物足りない。

お金が無い時期でもある程度「お金を使う」という意識は忘れないでいないと経済の世界で自分の力はどんどん弱くなってしまう。

巷では「儲かる仕事、儲からない仕事」という分類があるけど、これはあくまでも参考であって実はあまり関係ないことも最近わかった。
一般的に儲からないと言われている仕事に就いていても儲かっている人は儲かっているし、結局その人が「経済にどう向き合っているか」が重要なのだろう。お金をたくさん使えば使うほど、それだけ返ってくるものも大きい。

お金とはおそらく社会そのものを現す物質なのかもしれない。
お金を使わないものは社会から離れていくようになっていく。
お金を使い続ければ社会では一定の影響力をもつことが許される。お金を貯めてばかりいる人が少しづつ隠居っぽくなっていくのもこのせいかもしれない。

恐らくお金を使う時は社会に自分をアピールしている時。買い物や投資を通して自分はこれぐらいお金を持っています!という宣言をしている。

そうして経済に「この人はお金があるのだ」と思わせることでお金は貯まる。
どんな職業に就いていようと関係ない。

これが本当のお金の仕組みなんだと感じた。


くのたん
OTHER SNAPS