LOG IN

遠い記憶

by くのたん

すべてがうまくいくのが当たり前だった。

運がいいのが当たり前だった。

悲しいことなんて無いのが当たり前だった。

苦労なんて無いのが当たり前だった。

困難なんて無いのが当たり前だった。



かつての地球には悲しいや辛いこと、不幸なことなんて無かった。

それが地球の本来の姿であり、神の望んだ世界でもあったのに、

どうしてこなってしまったの。

いつから変わってしまったの。

今の地球では、悲しい目にあってばかりの人ばかり。

ほとんどの人はそれに疑問も持たず、「そういうものなんだ」と言い聞かせて苦しみながら生きている。

いつからこうなったのかは、はっきりとはわからない。

でもなんでこうなったかはわかる。

神でもなんでもない輩が「我こそは神だ」と嘘をつき、地球を支配してからこうなった。

神に成りすました悪魔がこの地球を地獄に変えた。

それ以来この地球では泣いている人ばかり、苦しんでいる人ばかり、

悩みは尽きることなくもがいている人ばかり。魂はバラバラにされ、自分の消えかかった人ばかり。

戻りたい。本来の地球の姿に。本当の神がいたかつての地球に。そしてバラバラになった魂を元に戻したい。

今はそれだけ。

かつての地球の姿を思い出したい。遠い記憶の中にある地球。遠い記憶の中にある本当の自分。


くのたん
OTHER SNAPS