LOG IN

あれから6年

by くのたん


311から6年が経った。あの日私はまだ幼かった我が子と一緒に昼下がりの午後を過ごしていた。

そんな日常をあの地震は奪った。私が住んでいる場所は液状化が酷かった場所で地震直後は道路もドロドロ、マンホールは飛び出し、まったく違う町の姿になってしまっていた。

それでも最も被害が大きかった場所に比べたら全然良い方だったけど。

日本列島は強いエネルギーを持った土地だ。対して大きくない土地の中に多くの火山を抱え、メタンハイドレードなる燃料が埋蔵されていると最近は話題である。

地震が多いのも、この土地のエネルギーが強い証拠だ。だがこの土地の強いエネルギーは別にネガティブな効果しかもたらさなかったわけではなく、私たちにとって強力な味方になってくれたこともたくさんある。


戦後の復興の時も、日本列島が持つエネルギー無しには成し遂げることは出来なかった。

戦後復興は日本人の力と日本列島の力が一体となって出来たものだから。

ただこの土地は激しい搾取に晒された土地でもある。酷い結界と欧米からの搾取。

この日本列島は解放されたがってる。だから津波を呼んだりする。

解放されて本来の自分の姿に戻りたがっている。それはおそらく日本人と日本列島の共通の思いだろう。

私達日本人と日本列島は一心同体。

死ぬときは一緒だ。

日本列島と共に生き、日本列島と共に死ぬ。


くのたん
OTHER SNAPS