LOG IN

その人だけに見える世界、聞こえる音

by くのたん

人は同じものを見ているようで見ておらず
同じ音を聞いているようで聞いていない

その人にしか見えない世界がありその人にしか聞こえない音がある
人はそれぞれ合わせている焦点が違うから

その人だけの焦点、ピントがあってそのピントを基にして自分だけの答えを見つけていく。
一見同じ風景でも焦点がずれれば別の光景が見える。

例えば空の写真があったとしてその写真を見て青空を主に見る人もいれば雲を見る人もいる
飛んでいる飛行機を見る人もいる。それはすべて同じ風景だ。でも視点が違う。

それを理解せずに他者の焦点を無理やり自分の焦点に合わせてそこから見える世界を見せようとする人がいる。

他者の持っている焦点をずらして別な世界を見せることは俗に洗脳と言われる。

空の写真を見ている全員に雲だけに注目させる。そこにいる人間全員が雲しか見ていない状態だと、
人はそこに「雲しかない」と思うようになる。

例えその写真に青空があろうと飛行機があろうと見えなくなる。
自分も雲以外見えず、そこに居る人間全員が雲しか見えないなら、本当に雲しかないのだとおもうように
なる。

でもその写真には青空だってあるし、飛行機だってある。
自分の目にも他者の目にも映っていないからと言って何もないとは限らない。
だからその人だけの焦点を自分の都合でずらすことは残酷なこと。

自分だけの焦点を失わないで
自分だけの焦点で世界を見れば
赤が青になるかも
白が黒になるかも
地獄が天国になるかも
絶望が希望になるかも

逆もあるけど。

その人だけに見える世界を見て、聞こえる音を聞いて
それだけで世界は変わる



くのたん
OTHER SNAPS