LOG IN

もはや誰も望まない大会

by くのたん

オリンピックが始まった。相変わらずオリンピック反対派の意見は聞き入れられなかった。

オリンピックに税金を使うよりも実生活や子供の教育に使って欲しいというあまりにもまっとうな意見は通らなかった。

ここまで当たり前の意見が通らないなんてどこまでこの世界は終わっているのか。

オリンピックやワールドカップという国際大会は結局スポーツ選手の道楽でしかない。

そんなにやりたいならスポーツ選手や大会を見たい人たちでお金集めてやればいいのにと思う。

4年かけて世界中からお金集めて積み立てればいい。

規模が小さくなるのは確実だがそれこそ知ったことではない。

スポーツ選手の個人的な夢のために多くの人の生活が犠牲になるなんてことがあっていいはずがない。

大勢の人が気づき始めている。世界大会はもはや自分たちから搾取するための大会であってでなんの利益もないことが。

オリンピックをやると町が整備され、暮らしやすい町になるって言う人がいるけど、勝手極まりない意見だ。

それはそこに住む人の意見とは違う。自分の町を勝手にいじられ、最悪立ち退きまでさせられてまでやる価値などどこにもない。

日本でも立ち退きなどの処分があるのだろうか。そこまでやられてはじめて反対するのだろうか。そうなってからでは遅いのに。

もはや誰も望まない。望むのは本質に気付いていない人だけだ。

スポーツ大会はただ単に私達からあらゆるエネルギーを搾取し、消耗させるだけの存在だということ。

でも最近なんとなく、オリンピックなどの大会が盛り上がらなくなってきたように感じる。

少し希望を持っても良いだろうか。

デモはコントロールされている可能性があるけど、人のこころが離れていってる。

とにかく私たちの力が、無駄に消耗されない世界を望む。


くのたん
OTHER SNAPS