LOG IN

すべては響き合い

by くのたん

出会いとは響き合いによって生まれる。

存在はみなそれぞれの「音」を発していて、その音がうまく共鳴し合う関係でなければつながることはできない。

波動とも言われるものかもしれない。

波動が合わない人とは出会うことは出来ない。波動が違う人は見えている世界が違う。

人は皆同じ世界を生きているわけではなく、実は発している波動によって違いがある。

一見みな同じ地球上に生きていて、同じ時間を過ごしてるように見えるけど、実は違うのだ。

だから波動の合わない共鳴し合えない人とはどんなに願っても会うことは出来ない。生きている世界が違うからだ。

ネットが出来る前は自分の存在を大きく響かせることが難しく、その分繋がれる関係もおのずと限定されていた。

ネットが出来て自分の存在を大きく響かせることが出来るようになり、共鳴し合える存在ともよりたくさん会えるようになった。

でもネットというのは本当にたくさんの存在が自分を響かせようとしている場所で、膨大な量の「音」が聞こえてくる。

上手く聞き分けられないと、あまり上手く響き合っているとはいえない存在とも繋がったりするようになる。

まるでオーケストラの楽団が個人練習を同じ場所でやっているように、いろんな音が乱雑に聞こえてくるのがネットだ。

ネットが産まれる前は繋がれる存在は限定的ではあったけど余計な音が聞こえない分本当に共鳴し合える関係がより見つけやすかった。

ネットは不特定多数と繋がることが容易で、その分、本当に響き合える存在を感知することが難しい。

一人一人の声が大きくなるネットでは自分の存在維持が難しくなることも確かだ。

これから一人一人の声がもっと大きくなり、いろんな音がネットに溢れることだろう。

そんな中でより上手に、大きく自分の音を響かせることが出来る能力が必要だ。






くのたん
OTHER SNAPS