LOG IN

平行世界は妄想ではない

先日「雲の向こう、約束の場所」というアニメを見た。監督は今新海誠。 新海さんと言えば「君の名は」だけどこちらは実は見ていない。 なぜかあまり縁が無いのだ。こんなにヒットしたアニメに縁が無いのに2005年の映画と今更ながら縁が繋がったようで見ることが出来た。 このアニメは時系列がちょっとわかりにくい感じがする。なぜなら現実世界と平行世界が全く

物事は太陽を目指す

先日本屋で「月刊ムー」の表紙を見たらこんな見出しが書いてあった。 「日本列島は世界大陸の縮図だ!古神道の神国ひな形論で見る地球の謎」 これはオカルトの世界で良く言われる「日本ひな形論」という説の記事だとすぐにわかった。 日本ひな形論とは「日本列島は世界の大陸と対応している」という考え方で例えば四国はオーストラリア、紀伊半島はアラビア半

ムスビをめぐる争い

以前「誰も知らない日本史 謎ジパング」という本の中で、三角おむすびについてこんなことが綴られていた。 「三角おむすびは神奈備を表していて、頂点からアメノミナカヌシ、カミムスビ、タカミムスビを表す。だから三角ではないものはおにぎりで三角のものはおむすび」 要するに三角おむすびは造化三神を表しているということらしいのだけど、読んでいてちょ

日本語が乱れている、というレベルではないかもしれない

「国語問題論争史」という本を読んでいた。 この本は全体を通して旧字体で書かれており、慣れないとかなり読みづらいのだがコツコツと読み進め、何とか読了した。 明治維新の後、日本語に関する議論が起こり、「日本語をどのように表記するか」に関して様々な案が出た。 その案を見ていると正直現在の女子高生顔負けの酷い案もあり、日本語の最初に壊し始めた

敢えて無知になる

私は考える時、持っている知識をベースにして考える時と、持っている知識を忘れて考える時と両方の時がある。 例えば子供に勉強を教える時は今まで学校で教わった知識をベースにして教える。これは当然と言えば当然の事だ。 そういうこの社会の一部として機能するためのことをするときは知識を生かして考える。 私は特別知識人というわけでもなんでもないが基